インプラントについて

インプラントを考えるタイミング

●病気により歯を失ってしまった場合

虫歯や歯周病などが原因で、年齢に関わらず歯を失ってしまうことがあります。

 

●事故により歯を失ってしまった場合

不慮の事故スポーツ時の事故により、突然歯を失ってしまうことがあります。

 

●生まれつき歯の本数が少ない場合

生まれつき歯の本数が少なく歯と歯の間に隙間ができてしまうことがあります。


歯が無い状態をそのままにしておくと、噛み合せがだんだんと悪くなり、発音が上手にできなくなったり、食事をこれまでのように楽しめなくなったりします。自分の歯と同じように食事を楽しみ、会話を楽しみ、思いっきり笑うことがインプラント治療をすることで可能となります。

 

インプラント治療について

インプラントは歯を失った部分の顎の骨に人工歯根(インプラント体)を埋め込み、そこにアバットメントと呼ばれる支台を装着します。その上に患者様の歯の色や形に合わせて作った人口の歯を装着して治療を行います。
インプラント治療を安心・安全に進行させる為に、当医院ではコンピューターを使用してシミュレーションを行います。
一人一人顎の形や骨の厚みが異なるので、シミュレーションしたデータを基に患者様に合わせた治療計画を立案します。

骨が足りないという理由からインプラントを諦めた方へ

■骨を作りインプラントをすることができます。


【GTR法(組織再生誘導法)】
歯周病で歯を失ってしまった場合に行う治療で、歯と歯肉の隙間をきれいにして、人工の膜を再生させたい箇所に入れ込み、骨の再生を促進させます。

【ソケットリフト】
骨補填材をインプラントを行う箇所に注入して、口腔内の空洞(上顎洞)を専用器具で押し上げて、骨に厚みを作ります。

インプラント治療について

インプラントメーカーは日本でも約50種類ほどあります。
しかしながら、その中にはコストを安く済ませる為に、品質を落としているものもあれば、コピーブランドも存在しているのが現状です。

 

ミヤタ歯科では患者様が安心してインプラント治療を受けれるように、全世界で採用されているインプラントブランドの「ストローマン」を採用しております。
ストローマンはスイスで生まれて、世界で500万人以上の方がストローマンのインプラントにて治療をしております。シェアは、ヨーロッパで1位、世界でも2位と多くの方に使用されている安心のインプラントメーカーです。

 

ストローマンの詳細は下記をクリック↓

詳細はこちらから

インプラントのよくある質問

Q

手術の時に痛みはありますか?

A

できるだけ痛みがないように、インプラントの手術の際は局部麻酔をします。

Q

インプラントは他人に気づかれることはありますか?

A

患者様の歯の色や大きさに合わせてインプラントの人口歯を作りますので、気づかれることはないでしょう。

Q

インプラントの治療期間はどのくらい?

A

患者様によって治療期間は異なりますが、通常は4ヶ月~6ヶ月ほどです。

Q

インプラント治療をする際の年齢制限はありますか?

A

個人差はありますが、だいたい骨の成長が完了する18歳~20歳を過ぎればインプラント治療を受けることができます。

Q

歯周病でもインプラント治療を受けれますか?

A

インプラントは口腔内の衛生状態がよくなければできません。歯周病の場合は衛生状態がよくない場合が多いので、まずは歯周病を治さなければなりません。

Q

慢性疾患(糖尿病など)があってもインプラント治療はできますか?

A

慢性疾患がある場合は医師に判断が必要となります。
詳しい症状を医師に伝え、ご相談下さい。

  • 受付時間 10:00~13:00/14:30~19:30 休診日 土曜午後・日曜・祝日 駐車場完備 市営地下鉄「竹田駅」よりバス10分 京阪「中書島駅」よりバス25分 電話番号:075-934-2957 受付時間 10:00~13:00/14:30~19:30 休診日 土曜午後・日曜・祝日 駐車場完備 市営地下鉄「竹田駅」よりバス10分 京阪「中書島駅」よりバス25分
  • bottom_sp.png